BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

保険証がなくても歯医者で治療を受けられる?

2021/03/17
病院や整形外科などの医療機関を受診する際は保険証を持って行きますよね。
そこで、歯医者でも保険証がないと治療を受けられないのか疑問に思っている方もいると思います。
結論から言うと、保険証がなくても歯医者で治療を受けることはできます。
歯医者の治療は保険治療と自費治療に分けられ、保険証がない場合は自費治療になります。
では、保険治療と自費治療にはどのような違いがあるのでしょうか。
今回は、保険治療と自費治療のメリット・デメリットについて解説していきます。

▼保険治療のメリットとデメリット
保険治療のメリットは、治療費の負担が軽減されるということです。
保険を使えば治療費の3割以内の負担で治療を受けることができます。
一方保険治療のデメリットは、治療の内容が限られるということです。
保険治療では、痛みをとったり噛めるようにしたりするための必要最低限の治療しかできません。
そのため、歯の見た目を美しくしたり歯並びを矯正したりする治療は、保険範囲内で行うことができません。

▼自費治療のメリットとデメリット
自費治療のメリットは、治療の内容が豊富だということです。
保険治療と違って治療内容の制限や細かいルールなどがないので、患者さんが理想とする治療を受けることができます。
一方自費治療のデメリットは、治療費がかかるということです。
自費治療では治療費を全額負担することになるので、費用面での負担が大きくなるでしょう。

▼まとめ
保険証がなくても歯医者で治療を受けることができますが、保険治療と自費治療のメリットとデメリットを把握して最適な治療を選択しましょう。
当院ではさまざまな治療を行っているので、気になる方は気軽にご相談ください。