BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

歯医者で作ったマウスピースを使用する際の注意点について

2021/03/28
「周囲から歯ぎしりを指摘されたけど、どう対処すればいいかわからない…」という方もいるのではないでしょうか。
歯ぎしりによって歯に大きな負担がかかると、歯が割れてしまうこともあります。
そんな歯ぎしりでお悩みの方におすすめなのがマウスピースです。
しかし、マウスピースを使用するうえで気をつけるべきことがいくつかあります。
そこで今回は、マウスピースを使用する際の注意点について解説していきます。

▼日々のお手入れを欠かさない
口の中には数多くの常在菌が存在しており、その菌が原因でマウスピースの黄ばみやにおいを発生させます。
また、常在菌は虫歯や歯周病のリスクを高めるので、マウスピースは日々お手入れして清潔に保つことが大切です。
水で洗い流すだけでなく、定期的にマウスピース用洗浄剤でお手入れするのがおすすめです。
ただし、マウスピースは傷がつきやすくその傷から細菌が繁殖する可能性があるので、歯ブラシなどで強くこすらないようにしましょう。

▼最初は違和感がある
歯医者で自分に合うマウスピースを作っても、最初は装着時に違和感があるでしょう。
そのため、就寝中に装着していても無意識のうちに外してしまうこともあります。
就寝中にマウスピースの違和感が気になる方は、まず昼間に装着して慣れるのがおすすめです。

▼根本的な治療にはならない
マウスピースは、歯ぎしりや食いしばりの根本的な治療にはなりません。
あくまで歯ぎしりや食いしばりによる歯へのダメージを軽減させるものなので、食いしばる癖を治すなど根本的な治療を別で行う必要があります。

▼まとめ
マウスピースは歯医者で作ることができますが、事前に使い方やお手入れの方法を確認して正しく使いましょう。
マウスピースの使い方に関してわからないことがあれば、お気軽に当院にご相談ください。