BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

歯医者が教える歯ブラシの選び方について

2021/04/01
歯磨きの効果を最大限発揮するには自分に合った歯ブラシを使わなければなりませんが、売り場にはたくさんの種類があってどれを選べばいいかわからないですよね。
ヘッドの大きさや毛の硬さなどさまざまですが、人によって歯の形や大きさが違うので適した歯ブラシも人によって異なります。
そこで今回は、歯ブラシの選び方について解説していきます。

▼ヘッドの大きさ
ヘッドが大きいものから小さいものまでありますが、理想は上の前歯の幅2本分くらいです。
ヘッドが大きすぎると、細かいところまで磨けなかったり奥歯まで届かないことがあるので、きちんと磨けたつもりでも歯に汚れが残ったままになってしまいます。
反対に、ヘッドが小さすぎるとたくさん動かさないといけないので、疲れるうえに磨き残しが発生します。

▼ハンドルの形状
ハンドルの形状は、太めでゴムが入っているものと細くて真っ直ぐなものがあります。
歯磨きの時に力が入りがちな方は、細くて真っ直ぐなものがおすすめです。
一方、握力に自信がなくきちんと磨けているか心配な方は、太めで握りやすいものを選ぶと良いでしょう。

▼毛の硬さ・長さ
毛の硬さは、硬め・普通・柔らかめの3種類が一般的です。
基本的には好みの硬さのものを使っても問題ありませんが、毛先の形状や植毛密度、毛の長さなどによって同じ硬さでも使用感が変わってきます。

▼まとめ
歯ブラシにはたくさんの種類があるので、自分の歯に合った歯ブラシを見つけるのは大変だと思います。
そんな方は、歯医者に相談しておすすめの歯ブラシを教えてもらうのが良いでしょう。
歯ブラシに関してのご相談は、ぜひ当院までお問い合わせください。