BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

歯周病の対策方法について

2021/04/17
歯周病が進行すると、歯だけでなく全身にも影響を及ぼすことがあります。
そのため早期発見・早期治療が大切ですが、できれば治療が必要になる前に予防したいですよね。
そこで今回は、歯周病の対策方法について解説していきます。

▼こまめに歯周ポケットのケアをする
歯周病は歯周ポケットに歯垢が溜まることで起こる病気なので、こまめに歯周ポケットをケアすることで予防できます。
歯周ポケットをケアする際は、歯と歯茎の間を意識してブラッシングするようにしましょう。
ただし、歯ブラシで強くこすりすぎると歯茎から出血してしまうので、軽い力で小刻みに動かすのがポイントです。
また、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うとより効果的です。

▼生活習慣を見直す
歯周病は食生活や生活習慣の乱れ、喫煙なども発生要因となります。
そのため、栄養バランスのとれた食事を心がけ、十分睡眠をとって抵抗力をつけましょう。
また、タバコもできるだけ控えるようにしましょう。

▼定期的に歯医者で診てもらう
初期の歯周病は自覚症状がないことがほとんどなので、どうしても発見が遅れてしまいます。
初期の段階であれば毎日のセルフケアで元の状態に戻すことができますが、症状が進行すると時間をかけて治療をする必要があります。
そのため、早期発見するためにも定期的に歯医者で診てもらうようにしましょう。

▼まとめ
歯周病は日々のケアで予防することができます。
セルフケアに自信がない方は歯医者で診てもらうのがおすすめです。
当院では歯周病のケアも行っているので、お気軽にご相談ください。