BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

歯周病を乳酸菌で予防しよう

2021/05/22
腸内環境を整えてくれることで知られている乳酸菌ですが、実はお口の中の環境も整えてくれるということ、ご存じですか?

▼歯周病予防に効果が期待できる乳酸菌
歯周病を予防する効果が期待できる乳酸菌の種類は、乳酸菌LS-1というものです。
特に乳酸菌LS-1には、人間の口の中にある善玉菌、ラクトバジルスとサリバリウスというものなので、お口の中の善玉菌を増やして健康な状態に保つことに効果が期待できます。

歯周病の菌を乳酸菌LS-1と一緒に培養しておいたところ、24時間で歯周病の菌がほぼ死滅したという研究結果もあります。
また、乳酸菌LS-1には口臭を減少させる効果も見られており、お口の中のさまざまな症状に効果をもたらしてくれることが分かってきました。

▼乳酸菌だけに頼らないで
歯周病予防の効果が期待できる乳酸菌LS-1は現在、タブレットとして何種類か販売されているので、比較的手軽に購入することができます。
乳酸菌が歯周病予防に効果があるというお話をしましたが、乳酸菌を摂っているからと言って、毎日の歯磨きをおろそかにしてはいけません。

歯周病の予防にいちばん効果があるのは、やはり正しい歯磨きです。
歯科医院で定期的に歯周病の検査をしてもらい、毎日正しい歯磨きをし続けることを忘れないようにしましょう。

▼まとめ
乳酸菌LS-1は、お口の中の善玉菌を増やす効果があり、歯周病の菌を死滅させてお口の中の状態を健康なものにしてくれることが期待できます。
乳酸菌LS-1を摂ることと合わせて、正しい歯磨きを続けることで歯周病予防に役立てましょう。