BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

虫歯の治療に行くタイミングは?

2021/07/22
歯が痛くないのにわざわざ歯科医院に行く必要はないという考え方の人もいることと思いますが、虫歯や歯周病は早く治療をした方が悪化することなく、短期間で治療も終わります。

▼虫歯の治療に行く時期について
虫歯を放置して悪化させてしまうと、どんどん進行してしまい、最後には夜も眠れないほどの痛みに襲われることもあります。
辛い痛みを避けるため、また、虫歯を悪化させないためにも、虫歯は気付いたらすぐに治療を受けることが大切です。

▼虫歯の早期発見方法
痛くなる前の虫歯でも、歯をよく見ると発見できることがあります。
虫歯を早期発見するためには、日ごろから自分の歯をよく見る習慣をつけておきましょう。
特に歯と歯茎の間の境目はチェックポイントで、この部分が白っぽくなっていたら、歯の表面にあるエナメル質が溶け始めている可能性があり、虫歯の初期状態かもしれません。
奥歯の溝が黒い場合も虫歯の可能性があります。

普通に鏡を見るだけでは、お口の中を全て見ることができないので、デンタルミラーなどの用具を使うのがおすすめです。
最近はライトが付いたデンタルミラーもあって、暗いお口の中を明るく照らし出して見やすくしてくれます。
もしも、虫歯の兆候が見られたら、痛みが出始める前に歯科医院に行くようにしましょう。
普段から歯科医院で定期検診を受けておくと、早期の虫歯を発見しやすくなるので安心です。

▼まとめ
虫歯は歯科医院で治療を受けないと治すことはできず、どんどん悪化するばかりです。
普段から鏡を見て歯の様子をチェックし、少しでも虫歯のような兆候がみられたら、すぐに歯科医院に行って治療をするようにしましょう。