BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

乳歯の虫歯が永久歯に与える影響

2021/08/08
乳歯の虫歯が永久歯に影響を与えるのをご存知ですか?

▼乳歯の虫歯で永久歯の歯並びが悪くなる
乳歯の虫歯は、永久歯の歯並びに悪影響を与えます。

例えば永久歯の隣にある乳歯が虫歯で抜けてしまうと、その空いた空間のほうに永久歯が傾きます。
また乳歯が虫歯になると、乳歯の根本に溜まった細菌が原因で永久歯も虫歯になりやすくなります。

▼子供が虫歯になる原因は?
子供が虫歯になる原因にはさまざまあります。

■お菓子を長時間食べる
アメやグミなど、口の中に長時間留まるような砂糖が入った食べ物は虫歯を引き起こしやすいです。
子供にお菓子を与える際はおやつの時間をしっかり決めて、一日中甘いものを食べないように注意しましょう。

■生えたばかりの永久歯がある
生えたばかりの永久歯は歯の表面が粗いです。
そのため汚れが付着しやすく、虫歯になりやすい傾向があります。

■親の虫歯菌が移る
親が口を付けた箸やスプーンでそのまま子供にご飯を与えたりすると、親の口内の虫歯菌が子供に感染しやすくなります。
特に生後1年半~2年半の奥の乳歯が生えてくる時期は、感染リスクが高いと言われています。

▼まとめ
乳歯の虫歯は永久歯にも悪悪影響を与えやすいので、早めの治療が肝心です。
江東区亀戸にある「つづき歯科医院」では子供の歯の治療を積極的に行なっております。
小さい子でも安心して利用できる雰囲気作りもしておりますので、ぜひお気軽にご来院くださいね。